個人で心掛けたい職種選びのコツとは

適材適所という言葉がありますが、これは職種選びを行う個人でも心掛けるものです。自分の能力を発揮できる仕事を探すことで、様々なメリットが生まれます。

そのためには、どのような手順で仕事選びをすれば良いのか考えることが大事です。社会人となって最初に勤務する会社を選ぶ理由は人それぞれですが、そこでは業務を行うために色んなことを学びます。その上できちんと成果を出せる人もいれば、なかなか仕事に慣れずに苦労する人もいます。その原因として考えられるのは、適性が合っていないか仕事の基本が身についていないかのどちらかです。

適性を調べるためには、まず仕事の基本が備わっているかどうかをチェックする必要があります。抑えるべきスキルは三つあります。
まずコミュニケーション能力と課題発見能力、そして解決能力となります。これがきちんと行えていれば良いのですが、そうでなければ自分なりにPDCAサイクルを回して振り返りをする必要があります。その上でどうしても成果が出ないとあれば、適性の合う業種を探すことになります。

その際には、業務の中で何に興味を持てるのか、あるいはどんな作業なら苦もなく行えるのかをチェックする必要があります。そこから得意とする作業を特定することにより、自分の適性というものを把握できるようになるわけです。その適性を生かせるような仕事を探すことができれば、しっかりと成果を出せるようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です