能力を発揮できる場所を見つけよう

人にはそれぞれ得手不得手というものがあります。仕事ももちろん同じことで、どうしても上手くできないことがあれば、高い成果を出せることがあるものです。そのために職種選びで大切なことは適材適所の考え方を取り入れることです。

苦手なことを努力により克服するのも大切なことです。会社で怒られながらも不得手な仕事をこなせるようになる、そのような経験は誰にでもあります。けれどもどうしても上手くできない仕事であれば、自分の能力を生かせる職種を探してみた方が良いでしょう。

例えばアスペルガー症候群の人にはどうしても不得手とすることがあります。コミュニケーションを苦手としたり、予測することは不得手なものです。そのようなスキルを求める仕事に固執するよりも、得意とする能力を生かせる仕事を探した方が生産的と言えます。アスペルガー症候群の方は、人よりも自由な発想を持っていたり集中力がずば抜けていたりという特徴を持つといわれています。そのような能力を生かせる仕事に就くことで、会社にとっても本人にとっても多くの利益を得ることにつながるのです。

人は誰でも得意とする能力を持っているものです。それを発揮できるような職種も探せば見つかるはずです。自分の力で見つけ出すことができなければ、ハローワークや転職エージェントなどを利用するなど、方法はいくらでもあります。そして得意な能力を生かしつつもスキルを高めて、さらなるステップアップを図ることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です